東京労働局での職務について

弊所所長の高室は平成28年4月より厚生労働省東京労働局において『労働時間管理適正化指導員』としての職務を行っております。『労働時間管理適正化指導員』は専門的な業務を行う非常勤職員として、平成28年度より労働局および監督署に配置が開始された職員であり厚生労働省労働基準局が労働条件をめぐる諸問題に的確に対応できるよう、長時間労働が疑われる事業場等に対し自主点検の実施や労働時間管理適正化のための訪問指導を行います。
本任務では高室は、労働時間を中心として労働基準法を始め労働関係の法律解釈について各方面の相談・問い合わせ等に対し指示・指導する立場となりますが、任務を通じ多くの事業者・労働者から寄せられる問い合わせをもとにその時々で多くみられる疑問点や相談点について、皆様にフィードバックしさまざまなポイントを解説、少しでも皆様のお役に立ちたいと考えております。個別の情報開示は一切できませんが、このホームページでも適切な情報発信を行っていきたいと考えております。よろしくお願いします。